◆008 新規事業/サービスの発想方法・・・

Home  >>  ネットビジネス企画  >>  ◆008 新規事業/サービスの発想方法・・・

◆008 新規事業/サービスの発想方法・・・

On 4月 4, 2013, Posted by , In ネットビジネス企画, With ◆008 新規事業/サービスの発想方法・・・ はコメントを受け付けていません。

そんなものはありません!

面白いと自分自身が感じて、信念を持って進めることができるアイデアを獲得した人の勝ちです。

ただし簡単にそんなアイデアなんて浮かびません。大企業内でよくあるミッション「新規サービスを考えろ」では振れ幅が広すぎて考えられませんよね。また「自分が欲しいサービスを考えてみろ」も、結果として「うちの会社がやるべきことじゃない」「可能性が見えない」と否定されて八方ふさがり。サラリーマンはつらいものです。 発想を縛りすぎるのは好きではありませんが、どうしても行き詰ったときに以下の切り口で検討してみるのも一つの方法だと思います。

自社の技術とサービスの横展開

もっとも合理的発想法です。タイトルの通り自社が持っている技術を使って、新しいサービスを生み出す事になります。もちろんこれまでアプローチしてきたマーケットと違う領域へのアプローチとなるため新しい営業チャネル、新しいマーケットアプローチは作らないとなりません。しかし、少なくとも得意技術を使うわけですから開発は短期間で出来るし、何しろ他社との差別化が可能となります。

自社が持っているマーケットの横展開

次に合理的発想法です。ビジネスをしていれば、すでにマーケットや営業チャネルがあるわけですから、これを生かさない手はありません。そのマーケットや顧客を徹底的に調査し、付加サービスを作るか、既存サービスの延長でビジネスになりそうなものを探せば新サービスはできてしまいます。仮に自社で開発できないサービスや商品の場合でも、OEMや提携により他社から持ってきてしまえば、新しいサービスは作れます。ただし個人的には好きな手法ではありません。自社のコアコンピタンスがブレるからです。長期的見れば得策とは言えません。

自社の技術とサービスの否定と再構築

爆発的な発想法です。しかし企業が存続、発展するためには実は最も正しい発想法だと思います。技術/サービスは長期的に見れば、需要がなくなる可能性が秘めています。いえ間違いなくなくなります。正しく言えば他の革新的サービスに需要が移ります。特にここ十数年は顕著でインターネットや携帯の発展が、さまざまな既存サービスの消滅を招いています。つまり既存成功モデルにしがみいている企業が消滅していると言っても良いでしょう。であれば自社で持っているサービスがなくなる可能性と、それに代わるサービスを真剣に考え生み出せれば、素晴らしい新規ビジネスが生み出せると思います。ぜひこの発想はお忘れなく。

ビジネスモデルの再構築

前項の爆発的な発想法と近いかもしれません。ある意味では自殺的発想法です。例えば今提供している有料サービス(商品)を無料で提供する事を考えたことはありますか。アホっぽい問いかけですが、無料で提供する事でそれを利用する人が激増し、そのサービス利用から、何かの需要が生み出せれば、その需要で収益が得られる可能性があります。説明が難しいですね。。。
例えば車。車は高額なお金を払って買いますが、、、ある軽自動が無料でもらえたらすごいですよね。では軽自動車を作ったメーカーはどうするか。例えば車の利用で様々な消費が生まれます。食事に行ったり、行楽地に行ったり、ショッピングに行ったり。この消費のアフィリエイトをメーカーが徴収できれば、意外と軽自動車くらいなら5年程度で償却できそうな気がしませんか。
こんなイメージです。


発想の切り口は無限にあります。行き詰ったらさまざまな切り口で発想を変えるのも方法です。是非お試しください。

mautic is open source marketing automation