サービス案内

マーケティングオートメーション導入支援

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションはOne To Oneマーケティングの実現ツールです。

マーケティングオートメーションは、ターゲットとなる見込み客を発掘し、One TO Oneのコミュニケーションを行いながら育成をはかり、その育成度合いを把握するツールです。簡単に整理すると以下3つの特長を持っています。

見込み客の発掘しメアドを獲得する。(リードジェネレーション)
SEOを中心とした見込み客の発掘、コネクションの生成する。

見込み客の育成してくれる。(リードナーチャリング)
コネクションを持った見込み客と自動的にコミュニケーションを行い育成する。

見込み客の育成レベルを判別してくれる。(リードクオリフィケーション)
見込み客の育成レベルを判別して、セールス活動に移行する。

マーケティングオートメーションの導入検討、初期準備で導入の成否が決まる

マーケティングオートメーションの初期導入をベンダーの話を鵜呑みのまま、簡単に進めてしまいケースが最近多いと感じます。その結果、これもよく聞く話ですが「マーケティングオートメーションの成果が出ない」「費用対効果が悪い」「使いこなせない」というケースに陥りがちです。マーケティングオートメーションの成否は初期検討、導入準備にかかってきます。
初期段階で安直に進めずに一つ一つ検討事項、確認事項を解決していくことで正しく活用が出来るようになります。

リンケージプランの成功するマーケティングオートメーション導入検討

マーケティングオートメーション導入は、非常にセンシティブな要素が多数あり、しかも企業やサービスによってその内容は異なります。また忘れてはならないのが、マーケティングオートメーションは単なるシステム導入ではありません。社内のマーケティング&セールスの業務フローやタスク見直しも必要であるため、こうした各課題を漏れなく検討し、計画を進めることが重要です。リンケージプランでは検討抜けや漏れを防ぐための独自のワークフレームで検討を進めます。

関連記事一覧

関連記事はありません。