ソリューション案内

インバウンドマーケティング戦略立案の支援

strategy plan

リンケージプランの「インバウンドマーケティング戦略立案の支援」

サービス内容

サービスメニュー

リンケージプランはビジネスの主戦場をインターネットと捉え、その中で最も有効だと思われるインバウンドマーケティング戦略を支援しています。

●各種調査(ビジネス/ターゲット/マーケット各種調査)

●デジタルマーケティングトータル設計(ビジネス/サービスモデル、ターゲット/ポジション設計)

●インバウンドマーケティング戦略の策定

解決される課題

リンケージプランのマーケティング戦略立案支援サービスにより以下の課題が解決します。

インターネットでビジネスの成果が思うように上がらない

リアルとネットの連携が取れていないため効率的な活動ができない

マーケティング、セールスの連携がバラバラで、契約数の増加が見込めない

インターネットはマーケティング&セールスの主戦場

インターネットの影響力は、想像以上に高まっています。すでにマーケティング&セールスの主戦場と考えなければならない状況です。BtoCはすでにインターネット通販やSNSの影響力で感じ取っていると思いますが、BtoBにおいても57%の企業調達担当はインターネットで取引企業をある程度絞り込んでいます。

「インバウンドマーケティング」が現代のコア戦略

現代のビジネスターゲットはBtoCやBtoB関係なく、少し検索すれば欲している情報が溢れるばかりに手に入ります。その反動として情報が少なかった時代に通用した押しつけの「アウトバウンドマーケティング」は一切通用しなくなりました。敢えて言えば、「アウトバウンドマーケティング」ブランディング的にマイナスに働いています。その対策としてユーザの活動をサポートする「インバウンドマーケティング」が有効となりつつあります。

インターネットの発展はターゲットとなるユーザにメリットが増えただけではありません。サービスを提供する企業側も「見える化」テクノロジーの発展によりユーザ活動が把握できるようになり、マーケティング的な恩恵を受けられるようになりました。

もちろん個人情報は容易に取得できませんが、様々なマーケティングテクノロジーによってユーザの属性や認知行動レベルがつかめるようになりました。またメールマーケティングシステム、マーケティングオートメーションなどの活用でリード(見込み客)情報を獲得すればOneToOneによるプッシュ型コミュニケーションも可能です。つまり「受け身」ではなく「積極的な関与」が可能となりました。

私たちが提案するマーケティング戦略

リンケージプランは「攻めのインバウンドマーケティング」を中心にご提案しています。このマーケティングで重要な点はターゲットユーザへの「認知」×「育成」を戦略です。私たちはシンプルな戦略、アクションプランこそが実現性が高くPDCA効果も高いと考え、この「認知」×「育成」の戦略を中心に提案を行っています。

特に中長期のアクションプランとデータドリブンによるマーケティングを重視

私たちのマーケティング提案は、中長期のアクションプランと、データドリブンでPDCAを回しながら改善を行うデータマーケティングを重視します。例えばWeb構築が伴うアクションの場合、初めの構築プランだけではなく、むしろ運用プランが重要だと考えています。目標達成はPDCAを回し改善を続けないと間違いなく実現できないからです。

関連記事一覧