ソリューション案内

Web設計/構築

リンケージプランの「Web設計/構築」

サービス内容

サービスメニュー

Web設計/構築はリンケージプランの重要サービスの一つです。それはWebがマーケティング/セールス活動の中心となるポジションだからです。マーケティング/セールス活動の中心となるWebの成果を最大化するための「戦略&設計」をリンケージプランではコアコンピタンスの一つとしています。

●各種調査(ヒューリスティック調査、Web解析、SEO調査)

●Webターゲット想定(ペルソナ、カスタマージャーニー)

●Webを中心としたマーケティング戦略の策定

●情報/コンテンツ設計

●全体構造設計、誘導設計

●ページ設計

解決される課題

リンケージプランのWeb設計/構築サービスにより以下の課題が解決します。

Webが単なるカタログサイトになっている

マーケティング、セールスの貢献度が低い

ターゲットが不明確で情報が整理されていない。

Webは企業にとって最重要な営業戦力であり中心となる窓口

インターネットの影響力は「マーケティング戦略立案」ご案内でも書かせて頂きましたが、マーケティング&セールスの主戦場となっています。ターゲットとのコミュニケーションはメール、SNS、チャット、動画など、様々なツールがありますが、最終的な着地点、誘導したいツールはWebです。それはやはり情報発信力、ブランディング力、育成力がもっとも高い柔軟で説得力のあるツールだからだと言えます。しかし柔軟で説得力あるツールだからこそ、そのコンテンツや構造、ページは一貫性ある戦略に基づいた、ち密な設計が必要となります。

「インバウンドマーケティング」が現代のコア戦略

Webマーケティング戦略の基本は「インバウンドマーケティング」です。「見込み客」の認知を確実に増やし、この確保した「見込み客」を育成する。これにすべてを注力する戦略が「インバウンドマーケティング」です。

インターネットがコミュニケーションの中心となり、そのベースがWebになった今、企業が取るべきマーケティングアクションは極めてシンプルだと私たちは考えます。現代の最も重要なマーケティングアクションは「認知+育成」です。

すべての戦略は「認知+育成」のアクションを以下に効率的、効果的に行うかに集中すべきです。このシンプルな基本戦略を据えることで、アクションもわかりやすくなり、結果として効果を上げることが容易になります。

「認知+育成」を実現するWeb設計はインフォメーション設計の工程です。

Web設計の基本はインフォメーションアーキテクチャ(情報設計)です。かなり古い概念ですが、現代でもWeb設計の基本中の基本だと思います。しっかりWebを設計しているところは、間違いなくインフォメーションアーキテクチャのフレームワークで進めています。

私たちも、このフレームワークを多用していますが、実は多少工程を変えています。この方がより正しい「解」が得られると考えているからです。

Web設計の最重要アウトプットはペルソナとカスタマージャーニー

Web設計で最も重要なアウトプットはターゲットとなる「見込み客」の想定です。この想定は闇雲にイメージするのではなく、フレームワークを活用します。もちろんイメージは設計する「人」にかかっていますが、フレームワークを活用することで、検討に必要な「抜け漏れ」を防ぎ、効率的な発想を行うための手助けをしてくれます。リンケージプランの設計工程はすべて、このフレームワークを活用しています。

関連記事一覧