ソリューション案内

Web運用のPDCA支援

リンケージプランの「Web運用のPDCA支援」

サービス内容

サービスメニュー

リンケージプランのWeb運用のPDCA支援はサービスの中核です。マーケティング貢献だけではなく、セールス効果の高いWebビジネスを実現するには高速PDCAによるWeb運用が必用不可欠です。

●P = Webのマーケティング計画、セールス計画とアクションプランの策定支援

●D = 各プランに基づき、必要な施策の実施

●C = 実施した施策の効果測定、課題確認

●A = 課題の改善プランの策定と実施

解決される課題

リンケージプランのWeb構築/リニューアル設計サービスにより以下の課題が解決します。

Webで効果が上がらない。目標が達成できない。

セールスの役になっていない。問い合わせが少ない。

Web運用の費用対効果が悪い。

最も重要なマーケティング&セールスチャネルを活かすには「PDCA運用」が必用

インターネットは、最も重要な企業にとってマーケティング&セールスチャネルです。この認識に異論はないと思います。そして、このインターネットコミュニケーションで中心となるツールがWebです。メール、SNS、動画、チャットなど様々なツールが存在しますが、やはりWebが最重要なチャネルであると断言できます。そしてこのツールを活用するもっとも大切なアクションは「リニューアル」ではありません。「マーケ&セールス施策検討」「実施」「課題確認」「改善実施」、このPDCAを高速で回すことが最重要なアクションとなります。

長期戦略としてグロースドリブンオペレーションを提案

マーケティング戦略で費用対効果を最大化する方法、それが「グロースドリブンオペレーション」です。3年に一回のリニューアルではなく、短期間でトライ&ウォッチ、トライ&エラーを繰り返しながら細かく改善を行うことが成功への近道となります。

リンケージプランのPDCA運用

リンケージプランのPDCA運用の中心は「解析」と「課題発見」です。この2点のアクションに力点を置き、確実に効果があがる施策を実施していきます。課題発見の方法としては、目標との乖離分析、期間&各エリア比較による乖離分析、そして乖離原因の抽出を行った後にその原因の改善を実施し、目標値へ到達させます。

PDCAサイクルのご提案

最適なPDCAサイクルは業界や企業、サービス毎に異なります。ある程度の予算と体制があり、また経験もある場合は1カ月毎が理想ですが、これから運用を頑張る、という企業ではクォーター(四半期)単位のPDCAから慣らしていく方法をご提案致します。

関連記事一覧